2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロンドン出張! | トップページ

2015年1月27日 (火)

公共交通機関を利用してのナパバレー(オーパスワン)訪問方法

毎年恒例のサンフランシスコ出張中です。

Dsc_0001

今回の出張は1週間丸々で、ミーティングもみっちり4日間詰め込まれている為に、自由時間が少ないです。(当然といえば当然なのですが。)

でもどうしてもナパバレーにワインを飲みに行きたくて、しかもせっかくなので日本では高額すぎて飲むことが出来ない、オーパスワンにまた行きたくなりました。
カリフォルニアワインのメッカであるナパバレーはサンフランシスコのダウンタウンからは車で1時間半程度かかります。

しかも、公共交通機関(たとえば電車、カルトレインのような列車)では行くことが出来ないんです。


基本、現地の人たちは車です。旅行者もレンタカー利用かツアー利用が多いと思います。
レンタカーはそもそもワインを飲みに行くので、選択肢から外れます。
(こちらは飲酒運転は旅行者であろうと留置所行きです、出張中にそんなこになったら大変です)
ツアーは調べてみるとほとんどが決まったワイナリーにしか行かないで、オーパスワンなどが入っているものが少ないです。
しかも大体終日(8時間程度)かかります。
私の場合、朝出発して夕方には会議があるためホテルへ戻る必要があります。そのような場合どうすのがいいでしょうか。
タクシーの終日チャーター。これはだいたい$400~$500以上かかります。オーパスワンのボトルが買えてしまいますね。
これは4人くらい集める必要があります。
私は単独行動です。なんとか$100以下に抑えたいです。
実は方法があるんです。下記に私の方法を書きますので、参考になればと思います。
(私の場合、出張先のホテルがマリオットホテル サンフランシスコ エアポート ウォーターフロントで、空港に近いのでこの方法がなおさら簡単です。
では行き方です。
  1. 空港からナパバレーのダウンタウン行きのリムジンバスを利用
  2. ナパバレーのダウンタウンのバス停からタクシーでワイナリーへ
  3. ワイナリーはお勧めの2ヶ所(元気があれば3ヶ所)回れます。
  4. その場合のお勧めはRobert Mondaviとオーパスワン。(3ヶ所目はシルバーオークです)
  5. 最後のワイナリーでタクシーを呼んで、リムジンバス乗り場まで移動
  6. ナパのダウンタウンからサンフランシスコ空港までリムジンバス利用
  7. 空港からは移動手段は何でもあります(バス、地下鉄、ホテルシャトルなど)
という方法です。
ワイナリーは初心者にお勧めで、しかもツアーでこの3つをちゃんと含んでいるのは少ないです。
Robert Mondaviはナパバレーの代表格の有名ワイナリーですね。
あとオーパスワンは誰もが知る高級ワインです。この2ヶ所は実は徒歩でも10分程度の距離なんです。
なので一回そのどちらかにタクシーで行けば、両方を自由に回れるのです。
では実際の詳細な方法を記載します。参考にしてください。


① サンフランシスコ空港へ向かう
これは誰もが簡単です。サンフランシスコのダウンタウンにいると、
少し遠いので厄介ですね。でもバスや地下鉄、ホテルシャトルなど
ほとんどお金のかからない方法があると思います。
私の場合、マリオットから無料のシャトルが10分間隔で出ていました。


② Evansのナパバレー行きのリムジンバスに乗る
Evansのホームページは下記になります。
ナパバレー~空港間の詳細は下記になります。
料金は$29ドルで現金のみになります。ナパのダウンタウンのターミナルへ着いたら、料金を回収に女性スタッフが乗ってこられます。
国際線ターミナルの2階(到着ロビー階)の3番ドアを出て、「Airpoter Sign」の前で待ちましょう。
大体時間の10分後くらいに来ますので、あわてずに待ちましょう。
バスはこんな感じです。
Dsc_0004
タクシーは大体20分くらいかかるので、バスの中で運転手に頼みましょう。
タクシー会社に電話してくれます。

③ 次にタクシーでワイナリーへ。

お勧めはナパのダウンタウンから一番近くで、なおかつ定番+有名なこの2箇所でしょう。
まずはオーパスワン。
Dsc_0015
建物はヨーロッパのお城みたいです。
建物内に常にクラシック音楽が流れています。
Dsc_0024
ワインはオーパスワンの試飲がグラス$45!!(高いですが飲みましょう。美味しいです)
オーパスワンがどんなワイナリーかはwikiで調べてみてください。
最高でした。
ちなみにこの2ヶ所のワイナリーのちょうど中間におしゃれなデリのお店があります。
「Oakville grocery」(オークビルグロッサリー)です。
ここでチーズを調達していくと、試飲のときにちょっとかじりながら飲めるのでお勧めです。
こんなお店です。
Dsc_0006

店内その①


Dsc_0009

店内その②

Dsc_0010

そして、次に、Robert Mondaviワイナリーです。
どんなワイナリーかはWikiで。
Robert Mondavi Wiki

しかし天気が良くて最高です。
Dsc_0031

空の青さが半端ないです。

Dsc_0034

外で試飲できます。こちらはシャルドネ(2009年)とカベルネソーヴィニヨン(2011年リザーブ)


Dsc_0035

この2ヶ所+グロッサリーが徒歩圏内で回れますので、ゆっくり楽しんで、最後の場所からタクシーを読んでもらって帰りましょう。
(ナパのEvansのバスステーションまで)
ちなみにナパのバスステーションからRovert Mondaviまでは$35位ですので、
合計、$130で、ちょっと予算オーバーですね。でもこの金額で時間がないときでも
十分楽しめます。ワイナリーツアー、タクシーのチャーターなどと比較して
自分にあうプランを作ってみてください。
では!!

« ロンドン出張! | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1808634/58727272

この記事へのトラックバック一覧です: 公共交通機関を利用してのナパバレー(オーパスワン)訪問方法:

« ロンドン出張! | トップページ